浅野素女さん

海外在住ライターになる ブログ 岩澤里美

 

私の憧れのジャーナリスト、浅野素女(もとめ)さんはパリに長く住んで記事をたくさん書き、本を何冊も出されていてます。

 

ご著書『フランス家族事情-男と女と子どもの風景ー』(岩波新書、1995年出版)で、とても有名になった方です。私も学生のときに読みました。この新書はイギリスに持っていって、いまはスイスの本棚にあります。

 

非婚カップル、再婚家族、人工授精など、フランスの家族の形を丁寧な取材をもとにまとめた本です。こうした本が書けるなんてすごいと何度思ったことでしょう。浅野さんの文体も好きです。

 

浅野さんが執筆している雑誌に私も記事を書くことになったときは、とても嬉しかったです。いつかお会いしたいという思いを、ずっと抱いていました。

 

2016年に、とうとうパリでお会いできました。

 

仕事のことはもちろん、浅野さんのご趣味の社交ダンスのこと(『踊りませんか?』という集英社新書も出していらっしゃいます!)、パリのこと、スイスのことなど、お食事しながら楽しくお話しました。

 

ちょっと弱音を吐いた私に「まだまだ、これからよ!」と励ましてくださったことを思い出すたびに、心が温かくなります。

 

 

note を始めました