編集者と会って、刺激を受ける

海外在住ライターになる ブログ 岩澤里美

 

去年一時帰国したときに、会えなかった編集者が何人かいます。スケジュールが合わないときは、次のチャンスにと決めています。

 

編集者と会うことは大切です。

 

以前お世話になった方、現在お世話になっている方、普段はメールで頻繁にやり取りしていても、直接お話する方が、やはり深いコミュニケーションができます。

 

その編集者がいま、そして将来的にどんな記事を求めているのか、日本からヨーロッパを見るとどんなことが面白いと感じるのか、などなど、意見交換することは大きな刺激になります。

 

ただし、フリーランスライターにとっての顧客である編集者の方たちが、みなさん、「はい、お会いましょう」という姿勢かというと、それは違います。ケースバイケースです。

 

それを判断するのは、自分の感や経験ですね。