書くチャンスは、どこかにあるはず

 

日本語の雑誌やウェブサイトは星の数ほどありますが、1人のライターが書ける媒体は、そのほんの一部です。

5、6年も、さらには10年以上も同じ媒体に書き続けられるとは限りません。


ですので執筆依頼はすべて引き受けるのもよいと思いますが、内容面や原稿料の面で、すべてを請け負えないことは出てきます。

いつでもチャンスが舞い込んでくるのかどうかは、普通は見えません。とにかく目の前にあるいくつもの扉のどこかに「チャンスはあるはず」と信じて前進することは大切です。


 

note を始めました