企画力をつける――編集者に面白いネタを提供する

海外在住ライターになる ブログ 岩澤里美

 

 

2019年から、アート&デザインのウェッブマガジン「DIRECTION」に寄稿を続けています。

 

編集部、そして各地のライターたちが、日本ではあまり報道されていない話題を掘り下げて書いています。

 

私の記事一覧は、こちらです。記事になったテーマはすべて、私から編集者に提案しました。

 

ル・コルビュジェは日本でもよく取り上げられますが、初期の作品群で日本ではあまり注目されていない建築や、彼の出身地スイスでの展覧会を訪れてまとめました。

 

ヴェネチア・ビエンナーレ(建築展)も日本では常に話題になりますが、コロナ禍のため、詳しくレポートする日本の媒体が少なかったので、記事にしたらよいのではと考えたのでした。

 

提案したテーマが常に採用されるとは限りません。でも、私が面白いと感じた話題(読者にとって面白いだろうと予想される話題)をどんどん提案しています。

 

よく言われることですが、ライターは文章が上手なだけでは仕事は得られません。書く仕事を長く続けていくために、企画力を身に付けることは、とても大切です。