カテゴリ:地道な努力


記事(原稿)を書くときは、まず大まかな構成を考えます。 ●タイトル ●いくつかの大きいかたまり(小見出しをつけて、書きたい内容) ●どういう方向性で記事を終わるか ●どんな写真を使うか...

日本を離れ、ある国にある程度住むと、その社会で行われていることが当たり前になるものです。...

どんな分野の記事を書くか、どんな内容を書くかによって、文章の書き方は(多少)違います。ですが基本の「起承転結」は、とくにコラムを書く際はやはり意識したい点です。...

原稿を編集者に提出する前に行う仕上げの段階は、「原稿をプリントアウトして読む」そして「スマホの画面で読む」と書きました。もう1つは、誰かに読んでもらう方法です。...

どんな内容の記事を執筆するかは、もちろん掲載する媒体によります。 編集者が求める話題、読者が読みたいと思う話題を提供することが基本ですが、特定の分野ではなく、ニュースを包括的に掲載しているウェブマガジンなどでは執筆するネタの範囲が広いので、ライターとしては、どんなことを書こうか迷うこともあるかもしれません。...

原稿を校正するときは、客観的に眺めることが必要です。以前、「原稿をプリントアウトして読む」または「閲覧モード」で読むといいですよと書きました。 もう1つ私が実践しているのは、原稿をスマホに転送してスマホの画面で読むことです。...

不特定多数の人に向けて記事を執筆し、雑誌やサイトで掲載してもらうと、よりたくさんの人たちに読んでもらえたら嬉しいと感じるでしょう。とくにサイトは、【記事アクセスランキング】を設けていることが少なくないので、書き手としては、そのランキングが気になるかもしれません。...

記事を書く際に必要なスキルはいろいろあります。文章力を磨く方法の1つとして、自分が好きなライターの記事をたくさん読むことはおすすめです。...

コロナ禍で、いましばらくの間、コロナ関連で興味深い話題を毎日探して、いろいろ書いています。そんなわけで、少し遅くなりましたが、2月、3月に掲載になっていた記事の取材先の方々に、無事掲載になりましたとお礼のメールを送りました。 短い文章ですが、どの方からも喜んでいらっしゃることがにじみ出る返信メールが届きました。嬉しかったです。...

読みたくなる記事というのは、添えられている写真にひかれてということもあるかと思いますが、やはりタイトルの内容で読んでみようと思うことが多いでしょう。 ですので、自分が執筆した記事を読んでもらうには、よいタイトルをつける必要があります。内容を簡潔に表す、よいタイトルをつけるのは実は簡単ではなく、私も悩むことが多いです。...

さらに表示する