東京の出版社で編集の仕事をしていたとき、著名な作家や歌手やタレントなどに会うチャンスを得ました。会社の先輩は「編集の仕事をしていなかったら、絶対に会えない(会って話をしない)であろう人たちだね」とよく言っていました。 本当にその通りです。それらは、いまでもとてもよい思い出です。...

不特定多数の人に向けて記事を執筆し、雑誌やサイトで掲載してもらうと、よりたくさんの人たちに読んでもらえたら嬉しいと感じるでしょう。とくにサイトは、【記事アクセスランキング】を設けていることが少なくないので、書き手としては、そのランキングが気になるかもしれません。...

記事を書く際に必要なスキルはいろいろあります。文章力を磨く方法の1つとして、自分が好きなライターの記事をたくさん読むことはおすすめです。...

コロナ禍で、いましばらくの間、コロナ関連で興味深い話題を毎日探して、いろいろ書いています。そんなわけで、少し遅くなりましたが、2月、3月に掲載になっていた記事の取材先の方々に、無事掲載になりましたとお礼のメールを送りました。 短い文章ですが、どの方からも喜んでいらっしゃることがにじみ出る返信メールが届きました。嬉しかったです。...

自分の日常は変わり映えしないと感じるかもしれませんが、1日1日、決して同じではありません。そして、世の中では様々なことが起きています。日本国内にもたくさんの話題がありますが、世界に目を向けると、より多くのニュースがあります。...

読みたくなる記事というのは、添えられている写真にひかれてということもあるかと思いますが、やはりタイトルの内容で読んでみようと思うことが多いでしょう。 ですので、自分が執筆した記事を読んでもらうには、よいタイトルをつける必要があります。内容を簡潔に表す、よいタイトルをつけるのは実は簡単ではなく、私も悩むことが多いです。...

読むニュース、そして動画で見るニュースもあふれているとはいえ、寄稿する仕事は、将来、なくなることはないはずです。...

新型コロナウイルスの感染が、ヨーロッパでも拡大し、未曾有の事態になっています。スイスでも非常事態宣言が出されました。多くの商店が閉鎖し、全国休校、在宅ワーク奨励、鉄道運行削減などの措置が取られています。 ヨーロッパでの感染関連の記事が多数、日本でも公開されています。私も、スイスの様子を伝えようと下記のように寄稿しました。...

特定のテーマについて書くよう依頼を受けることとは別に、ライター、ジャーナリストとして情報発信していくには、常に話題を探さなくてはいけません。...

日本にいる昔の友人や知人が、私のサイトやブログを見て連絡をくれることがあります。 「ジャーナリスト、ライター業をしているなんて、学生時代のあなたからは想像できない」と言われることもありますが、この仕事を続けたいという意欲がある限り、取材して書き続けるつもりです。...

さらに表示する