読むニュース、そして動画で見るニュースもあふれているとはいえ、寄稿する仕事は、将来、なくなることはないはずです。...

新型コロナウイルスの感染が、ヨーロッパでも拡大し、未曾有の事態になっています。スイスでも非常事態宣言が出されました。多くの商店が閉鎖し、全国休校、在宅ワーク奨励、鉄道運行削減などの措置が取られています。 ヨーロッパでの感染関連の記事が多数、日本でも公開されています。私も、スイスの様子を伝えようと下記のように寄稿しました。...

特定のテーマについて書くよう依頼を受けることとは別に、ライター、ジャーナリストとして情報発信していくには、常に話題を探さなくてはいけません。...

日本にいる昔の友人や知人が、私のサイトやブログを見て連絡をくれることがあります。 「ジャーナリスト、ライター業をしているなんて、学生時代のあなたからは想像できない」と言われることもありますが、この仕事を続けたいという意欲がある限り、取材して書き続けるつもりです。...

新しい年がやってきました。クリスマス前後は周囲の人たちの緊張感や期待感が、やはり私にも伝わってきて、少し張りつめたような気分でしたが、年越しにかけては「クリスマスが終わった!」という緩やかさの中で過ごしました。 昨年の2019年は「感謝」という言葉に尽きた1年でした。たくさんの素敵な出会いや嬉しい出来事が続きました。...

情報があふれているいま、「何を書くか、伝えるか」の話題探しは決して簡単ではありません。記事は、やはり、読んでもらい、何かを感じてもらわなくてはなりません。 ネタのアイデアは尽きないという心構えでいることは、大切です。...

スイスで、10年以上親しくしている年上の日本人のKさんは、主婦専業です。いつも楽しそうにしています。 ご主人と一緒に、また1人でもヨーロッパをよく旅行したり、日本からのご友人をよく自宅に招いたり(泊めてあげたり)、ヨガや絵画教室に通ったり。日本にもしばしば帰国しています。...

先日、仲の良い友人と食事をしていたときのことです。いろいろなことに興味を持って、楽しく暮らしているその友人は「ある本で、物事はなんでも12年間続ければ(立派な)形になると書いてあったの。私はどれも12年は続いたことがなくて。その点、Satomiは記事執筆を何年も続けていて羨ましい」と言いました。...

執筆に取り掛かる気分になれないことが、時折ですが、あります。そんなときは体や心を休めつつ、とにかく少しずつでも書けることから書いています。 そういうとき、日本の音楽も聴きます。最近は、昔よく聴いていたスピッツの曲を流します。スピッツは、結成30年を迎えても変わらず人気ですが、自分たちの世界観を長年表現し続けて、とても感心します。...

私はスイス内、そしてスイス以外の国にも出かけて取材を続けています。本当に、いろいろな分野に従事しているかたたちにお会いしてきました。...

さらに表示する