スキルアップ、何をする?

面白い記事や良い記事と言っても、内容全体が面白い、わかりやすい、言葉の使い方がいい、視点がいいなど、いろいろあります。...

フリーランス業の人は、同業者のネットワーク(団体)を利用するといいとよくいわれますが、ライター業もそうだと思います。 仕事を紹介してもらえる、また紹介しあえるというのは利点の1つですが、みんな(執筆分野が同じでも違っても)頑張っているのだと刺激を受けて、自分も頑張ろうという気持ちがわいてくるのではないでしょうか。...

旅行系の記事、ビジネス系の記事、とくに女性に向けた記事と、いろいろな内容をまとめていますが、いつも、記事の向こう側にいる読者のことを考えながら書いています。 この「読者を想定して書く」ことは基本中の基本です。当たり前ですが、たとえば「登山」というテーマで記事を1本書くとき、誰が読むかによって、内容が変わってきます。...

ある日「朝から夕方まで1日に3件取材があるの」と友人に話したとき、「疲れないの?」とびっくりされました。 各訪問先とうまく日時が合うと、そんなふうにまとめて取材しますが、まったく疲れないわけではありません。でも、1度外出したら、2件でも3件でも4件でも取材ができれば、やはり効率はよいです。...

記事の内容に関連した写真を載せるのは、いまやほぼ必須です。...

原稿料をもらって記事を書こうというとき、1回で終わる仕事ではなく、続けて書く「連載」を見つけるほうがよいでしょう。 たとえば5回連載を執筆するほうが、単発5本の仕事を探して執筆するより、書くチャンスを得るという点で負担が少ないですし、その連載向けの話題を探すほうが、様々な情報の中から焦点を絞り込みやすいでしょう。

面白い記事には、小さい驚きが入っています。たとえば、いろいろなサイトでよく取り上げられているあるレストランについて記事を書くときでも、少しでもよいので読者が知らなかった情報を入れると、読んでよかったと読者は思うでしょう。...

海外の話題も、ブログで(無料で)発信する人が増え、あらゆることが日本語で読めるようになっていてるいま、「書くネタがない、ライターとして仕事を続けていけないのでは?」と思うかもしれません。 確かに、ブログで有益な情報が得られることは多いです。でも、インターネット上の媒体でも紙媒体でも、編集者たちは常によい書き手を探しているものです。...

フリーランスのライターは、定期執筆、単発の依頼といろいろな作業を同時進行しています。 原稿の締切は予定表に記していて、いつも問題なく仕事は進んでいるのですが、もう少し効率を上げられないかと思って、ある日「いまやるべき作業の箇条書き」を作ってみました。...

久しぶりに風邪を引きました。喉がとても痛み、幸いすぐにおさまったと思ったら咳が出てきました。取材の約束はなかったのですが、原稿書きやレイアウトの確認などがあって、マスクをしながらPCに向かっていました。...

さらに表示する