スキルアップ、何をする?

記事を書く際に必要なスキルはいろいろあります。文章力を磨く方法の1つとして、自分が好きなライターの記事をたくさん読むことはおすすめです。...

読みたくなる記事というのは、添えられている写真にひかれてということもあるかと思いますが、やはりタイトルの内容で読んでみようと思うことが多いでしょう。 ですので、自分が執筆した記事を読んでもらうには、よいタイトルをつける必要があります。内容を簡潔に表す、よいタイトルをつけるのは実は簡単ではなく、私も悩むことが多いです。...

読むニュース、そして動画で見るニュースもあふれているとはいえ、寄稿する仕事は、将来、なくなることはないはずです。...

特定のテーマについて書くよう依頼を受けることとは別に、ライター、ジャーナリストとして情報発信していくには、常に話題を探さなくてはいけません。...

情報があふれているいま、「何を書くか、伝えるか」の話題探しは決して簡単ではありません。記事は、やはり、読んでもらい、何かを感じてもらわなくてはなりません。 ネタのアイデアは尽きないという心構えでいることは、大切です。...

執筆に取り掛かる気分になれないことが、時折ですが、あります。そんなときは体や心を休めつつ、とにかく少しずつでも書けることから書いています。 そういうとき、日本の音楽も聴きます。最近は、昔よく聴いていたスピッツの曲を流します。スピッツは、結成30年を迎えても変わらず人気ですが、自分たちの世界観を長年表現し続けて、とても感心します。...

面白い記事や良い記事と言っても、内容全体が面白い、わかりやすい、言葉の使い方がいい、視点がいいなど、いろいろあります。...

フリーランス業の人は、同業者のネットワーク(団体)を利用するといいとよくいわれますが、ライター業もそうだと思います。 仕事を紹介してもらえる、また紹介しあえるというのは利点の1つですが、みんな(執筆分野が同じでも違っても)頑張っているのだと刺激を受けて、自分も頑張ろうという気持ちがわいてくるのではないでしょうか。...

旅行系の記事、ビジネス系の記事、とくに女性に向けた記事と、いろいろな内容をまとめていますが、いつも、記事の向こう側にいる読者のことを考えながら書いています。 この「読者を想定して書く」ことは基本中の基本です。当たり前ですが、たとえば「登山」というテーマで記事を1本書くとき、誰が読むかによって、内容が変わってきます。...

ある日「朝から夕方まで1日に3件取材があるの」と友人に話したとき、「疲れないの?」とびっくりされました。 各訪問先とうまく日時が合うと、そんなふうにまとめて取材しますが、まったく疲れないわけではありません。でも、1度外出したら、2件でも3件でも4件でも取材ができれば、やはり効率はよいです。...

さらに表示する